「太宰治」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
*[[富士]]には月見草がよく似合う --『富嶽百景』
 
*朝、食堂で[[スープ|スウプ]]を一さじ、すっと吸ってお母さまが、 「あ。」 と幽かな叫び声をお挙げになった。--『斜陽』
 
*爵位があるから、[[貴族]]だというわけにはいかないんだぜ。爵位が無くても、天爵というものを持っている立派な貴族のひともあるし、おれたちのように爵位だけは持っていても、貴族どころか、賤民にちかいのもいる。--『斜陽』
*すべての思念にまとまりをつけなければ生きて行けない、そんなけちな根性をいったい誰から教わった?--『道化の華』
 
*[[]]まで生きていようと思った。--『葉』
 
*[[眼鏡]]をとって、遠くを見るのが好きだ。全体がかすんで、夢のように、覗き絵みたいに、すばらしい。--『女生徒』
 
*泣いてみたくなった。うんと息をつめて、目を充血させると、少し[[]]が出るかも知れないと思って、やってみたが、だめだった。もう、涙のない女になったのかも知れない。--『女生徒』
 
*[[明日]]もまた、同じ日が来るだろう。[[幸福]]は一生来ないのだ。それはわかっている。けれども、きっと来る、あすは来る、と信じて寝るのがいいのでしょう。--『女生徒』
 
*人は人に影響を与えることもできず、また、人から影響を受けることもできない。--『もの思う葦』
:「メロス、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。」
*信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。
 
 
 
{{wikipedia|太宰治}}
[[Category:日本人|たさい {{PAGENAME}}]]
 
[[de:Dazai Osamu]]
[[zh:太宰治]]
196

回編集