「月」の版間の差分

2,838 バイト追加 、 9 年前
(r2.7.2) (ロボットによる 追加: ru:Луна)
:*熟田津は現在の道後温泉。当時は海港であった。
 
*[[天]]の[[海]]に[[雲]]の波立ち月の[[]][[星]]の林に漕ぎ隠る見ゆ [[柿本人麻呂]]『[[万葉集]]
:*天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
 
*[[東]]の野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば月かたぶきぬ - [[柿本人麻呂]]『万葉集』
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は [[空|おほぞら]]の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも -[[紀貫之]]『古今和歌集』「仮名序」
 
*月みればちぢにものこそ[[悲しみ|悲しけれ]] わが身一つの[[秋]]にはあらねど - [[大江千里]]『古今和歌集』
:*『[[百人一首]]』に採用
 
*天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも [[阿倍仲麻呂]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな [[素性法師]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*[[夏]]の[[夜]]は まだ宵ながら 明けぬるを [[雲]]のいづくに 月宿るらむ [[清原深養父]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな [[赤染衛門]] 『後拾遺集』
:*『百人一首』に採用
 
*心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな [[三条院]] 『後拾遺集』
:*『百人一首』に採用
 
*ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる[[藤原実定]] 『千載集』
:*『百人一首』に採用
 
*嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな[[西行]] 『千載集』
:*『百人一首』に採用
 
*めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな[[紫式部]] 『[[新古今和歌集]]』
:*『百人一首』に採用
 
*月は有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり -- [[清少納言]]『[[枕草子]]』
 
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[吉田兼好]]『徒然草』百三十七段
 
*月やあらぬ[[春]]や昔の春ならぬ わが身ひとつはもとの身にして - [[在原業平]]『[[伊勢物語]]』
 
*高砂や此(この)浦船に帆を揚げて。月諸共に出で汐(しお)の。波の淡路の島陰(かげ)や。遠く鳴尾の沖すぎて。早(はや)住の江に着きにけり。 -[[世阿弥]]『高砂』
 
*<font size=-1>シテ</font>「この句をまうけてあまりのうれしさに心乱れ、高楼に登つて鐘を撞く。人々いかにと咎めしにこれは詩狂と答ふ。かほどの聖人なりしだに、月には乱るる心あり、〽ましてや拙き狂女なれば、」<br /><font size=-1>地謡</font>〽許し給へや人々よ -『三井寺』(観世流)
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の月影 -[[藤原定家]]
 
*一家に遊女も寢たり[[萩]]と月 - 松尾芭蕉『おくのほそ道』
 
*名月や[[池]]をめぐりて夜もすがら - 松尾芭蕉
 
*菜の花や月は[[東]]に[[日]]は[[西]]に - [[与謝蕪村]]
 
* 名月をとってくれろと泣く子かな - [[小林一茶]]
 
* あら楽や思いははるる身は捨つる浮世の月にかかる[[雲]]なし - [[大石良雄|大石内藏助]]
:*内藏助が詠んだ[[辞世の句]]である。
 
* 杯を挙げて明月を邀へ 影に対して三人と成る - [[李白]]『月下独酌』
:*"挙杯邀明月,対影成三人"
 
* 暮に碧[[山]]より下れば 山月人に隨って帰る- [[李白]]『下終南山過斛斯山人宿置酒』
:*"暮從碧山下 山月隨人歸"
 
* [[松]][[風]]吹きて帯を解き 山月弾[[琴]]を照らす - [[王維]]『酬張少府』
:*"松風吹解帶,山月照彈琴"
 
* [[星]]垂れて[[平]]野闊き 月湧きて大[[川|江]]流る - [[杜甫]]『旅夜書懷』
:*"星垂平野闊,月湧大江流"
 
* 明月幾時よりか有る、酒を把りて[[靑]]天に問ふ。知らず[[天]]上の宮闕は,今夕是れ何れの年なるかを。- [[蘇軾]]『水調歌頭』
:*"明月幾時有,把酒問青天,不知天上宮闕,今夕是何年"
 
* 明月水の如く楼台を浸す  - 王實甫『[[西廂記]]』第一折
:*"明月如水浸樓台"
 
* 預言者たちは[[星]]である。しかし[[イエス・キリスト|キリスト]]は[[太陽]]である。キリストの予言に反対するものはすべて無である。キリストは[[天]]への梯子の最初の段でもあり、最後の段でもある。キリストを通して我々は前進を初めなければならず、キリストを通して[[生命]]へ到らなければならない。私は聖書の中にただ、十字架に付けられたキリストのみを理解する。-[[マルティン・ルター]]
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
匿名利用者