「月」の版間の差分

1,445 バイト除去 、 9 年前
*[[東]]の野にかぎろひの立つ見えて かへり見すれば月かたぶきぬ - [[柿本人麻呂]]『万葉集』
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は [[空|おほぞら]]の月を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも -[[紀貫之]]『古今和歌集』「仮名序」*月は有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり -- [[清少納言]]『[[枕草子]]』
 
*月みればちぢにものこそ[[悲しみ|悲しけれ]] わが身一つの[[秋]]にはあらねど - [[大江千里]]『古今和歌集』
:*『[[百人一首]]』に採用
 
*天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも [[阿倍仲麻呂]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*今来むと いひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな [[素性法師]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*[[夏]]の[[夜]]は まだ宵ながら 明けぬるを [[雲]]のいづくに 月宿るらむ [[清原深養父]] 『古今和歌集』
:*『百人一首』に採用
 
*やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな [[赤染衛門]] 『後拾遺集』
:*『百人一首』に採用
 
*心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな [[三条院]] 『後拾遺集』
:*『百人一首』に採用
 
*ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる[[藤原実定]] 『千載集』
:*『百人一首』に採用
 
*嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな[[西行]] 『千載集』
:*『百人一首』に採用
 
*めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな[[紫式部]] 『[[新古今和歌集]]』
:*『百人一首』に採用
 
*月は有明の、東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり -- [[清少納言]]『[[枕草子]]』
 
*この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば -- [[藤原道長]]
匿名利用者