「和泉式部」の版間の差分

『紫式部日記』yori
(+{{Wikipedia}})
(『紫式部日記』yori)
{{Wikipedia}}
[[w:和泉式部|'''和泉式部''']]は日本の平安中期の女性歌人。 [[小式部内侍]]は娘。
 
==出典の確かなもの==
===『後拾遺和歌集』収録歌 ===
 
*黒[[髪]]のみだれもしらずうちふせばまづかきやりし人ぞ[[恋]]しき
 
 
=== 『和泉式部続集』収録歌 ===
 
*はかなしとまさしく見つる夢の世をおどろかで寝る我は人かは
 
*夢にだに見で明かしつる暁の恋こそ恋のかぎりなりけれ
*:『新勅撰和歌集』収録
 
==和泉式部についての引用==
*和泉はけしからぬかたこそあれ、うちとけて文はしり書きたるに、そのかたの才(ざえ)ある人、はかない言葉のにほひも見え侍るめり。--[[紫式部]]『紫式部日記』
*歌はいとをかしきこと、ものおぼえ、歌のことわり、まことのうたよみざまにこそ侍らざめれ。口にまかせたることどもに、かならずをかしき一ふしの、目とまる詠み添へ侍り。それだに人の詠みたらん歌なん、ことわりゐたらんは、いでやさまで心は得じ。口にいと歌の詠まるるなめりとぞ、見えたるすぢに侍るかし。恥づかしげの歌よみやとは覚え侍らず。--[[紫式部]]『紫式部日記』
 
 
 
 
5,744

回編集