「ジョージ・オーウェル」の版間の差分

作品記事へリンク
(r2.7.3) (ロボットによる 追加: eu:George Orwell)
(作品記事へリンク)
[[Image:1984.png|right|thumb|300px|ジョージ・オーウェル]]
'''[[w:ジョージ・オーウェル|ジョージ・オーウェル]]'''('''George Orwell''', [[w:1903年|1903年]][[w:6月25日|6月25日]] [[w:インド|インド]] - [[w:1950年|1950年]][[w:1月21日|1月21日]] [[w:ロンドン|ロンドン]])は、[[w:イギリス|イギリス]]の作家。本名はエリック・アーサー・ブレア(Eric Arthur Blair)。1940年代に書き上げた『[[w:動物農場|動物農場]]』と『[[w:1984年 (小説)|1984年]]』が代表作である。『1984年』は[[w:全体主義|全体主義]]的[[w:ディストピア|ディストピア]]の世界を極めて説得力のある形に書き上げたため、そういった社会を「オーウェリアン」(Orwellian)と呼ぶ。
== 出典の明らかなもの ==
===『動物農場』===
[[動物農場]]からの引用
''[[:en:Animal Farm|Animal Farm]]''
 
*人間のみが我々の真の敵だ。人間を退場させろ、飢えと過剰な労働の根を永遠に絶やすのだ。人間は生き物のなかで生産なしに消費する唯一の生き物だ。ミルクも出さないし、卵も産まない、犂を引くには弱すぎ、兎を取るにはのろすぎる。しかし人間はすべての動物の主人なのだ。動物たちを働かせ、そのかわりに飢え死にさせない程度に最小限のものをやる。そして残りは自分のために取っておくのだ。
*:原文:{{lang|en|Man is the only real enemy we have. Remove Man from the scene, and the root cause of hunger and overwork is abolished for ever. Man is the only creature that consumes without producing. He does not give milk, he does not lay eggs, he is too weak to pull the plough, he cannot run fast enough to catch rabbits. Yet he is lord of all the animals. He sets them to work, he gives back to them the bare minimum that will prevent them from starving, and the rest he keeps for himself.}}
 
===『1984年』===
[[1984年]]からの引用
''[[:en:Nineteen Eighty-Four|Nineteen Eighty-Four]]''
*偉大な兄弟があなたを見守っている
*:原文:{{lang|en|BIG BROTHER IS WATCHING YOU}}
196

回編集