「エドマンド・バーク」の版間の差分

編集の要約なし
(ページの作成: '''エドマンド・バーク'''('''Edmund Burke'''、1729年1月12日 - 1797年7月9日)は、ダブリン生まれの[...)
 
 
==『フランス革命の省察』より==
*「追従は、それを捧げる人も受ける人も共に堕落させる。阿諛が無益であるのは[[]]に対してだけとは限らない。[[民衆]]に対しても同様である。」
*「何らかの変更の手段を持たない[[国家]]には、自らを保守する手段がない。」
*「[[権利]]の有無に関わらず、思慮ある人や善良な人にとって、[[革命]]なるものは文字通り最後の手段となる。」
*「これまで我々の行なってきた全ての改革は、昔日に照らすという原理の上に立っている。」
*「革新好みの精神は、一般的には利己的性格や視野の偏狭さの結果である。祖先を捨てて些かも顧みない人々は、子孫に思い致すこともしないものである。」
*「[[相続]]という観念は、確実な保守の原理、確実な伝達の原理を涵養し、しかも改善の原理をまったく排除しない。」
*「社会の中で自分が属している小さな一画に愛着を持つこと、その小さな一隊を愛することは、公的愛情の第一の動機(言うなれば萌芽)である。それこそ、我々を導いて、祖国愛からひいては人類愛へと進ませる長い連鎖の最初の輪である。」
*「水平化しようとする人間は決して平等をもたらさない。」
*「美徳と叡智以外には[[統治]]のための資格はない。身分、境遇、職業、商売の如何を問わず、現に美徳と叡智を持っている人ならば、人間世界の地位と名誉に至る天からの旅券を与えられている。」
*「[[愛情]]を追放するそうした類の[[理性]]が、この人格にとって代わることは不可能である。」
*「偏見とは人の美徳をしてその習慣たらしめるもの、脈絡のない行為の連続には終わらせないものである。」
*「国家は、現に生存している者の間の組合たるに止まらず、現存する者、既に逝った者、はたまた将来生を享くべき者の間の組合である。」
*「深慮、熟考、先見の明などが百年もかかって建設できる以上のものを、怒りと逆上ならば僅か半時間で引き倒す。」
*「民主政において、多数者は少数者に対して最も残酷な抑圧を加えることができる。」
*「国家に革命が起きる時、昨日まで阿っていた追従者が今日は峻厳な批判者に変わる。」
*「智恵も美徳も欠いた自由とはそも何ものか。それはおよそあり得るすべての害悪の中でも最大のものである。」
::(以上、『フランス革命の省察』より)
 
{{DEFAULTSORT:はあく えとまんと}}
 
[[Category:アイルランド人]]
[[Category:哲学者]]
[[Category:政治家]]
 
 
[[af:Edmund Burke]]
[[az:Edmund Bark]]
[[bg:Едмънд Бърк]]
[[bs:Edmund Burke]]
[[cs:Edmund Burke]]
[[de:Edmund Burke]]
[[el:Έντμουντ Μπουρκ]]
[[en:Edmund Burke]]
[[es:Edmund Burke]]
[[eu:Edmund Burke]]
[[gl:Edmund Burke]]
[[hy:Էդմոնդ Բերկ]]
[[it:Edmund Burke]]
[[ka:ედმუნდ ბერკი]]
[[lt:Edmundas Berkas]]
[[nl:Edmund Burke]]
[[pl:Edmund Burke]]
[[pt:Edmund Burke]]
[[ru:Эдмунд Бёрк]]
[[sk:Edmund Burke]]
[[sl:Edmund Burke]]
[[sv:Edmund Burke]]
[[tr:Edmund Burke]]
[[uk:Берк Едмунд]]
[[zh:埃德蒙·伯克]]
196

回編集