「アルトゥール・ショーペンハウアー」の版間の差分

編集の要約なし
(Bot: Migrating 40 interwiki links, now provided by Wikidata on d:Q38193)
編集の要約なし
*なんであれ、人は[[忘却|忘れる]]ことができる。ただ自分自身、己自身の存在を忘れることはできない。
*:"Alles, alles kann einer vergessen, nur nicht sich selbst, sein eigenes Wesen." - ''Aphorismen zur Lebensweisheit''
*もし若かりし時に友人であった二人の人間が、人生の晩年に再会したならば、お互いの顔を認めたときにまず思うのは人生に対する全くの失望であろう。なぜならば人生が美しく見えたときの頃の記憶が蘇り、その頃はなんと人生がばら色の夜明けにおいて多くのものを約束してくれたか、そして結局は少しのものしか満たしてくれなかったことを感じずにはいられないからである。==出典の不明確なもの==
 
==出典の不明確なもの==
*われわれのすべての災禍は、我々が[[孤独|ひとりきり]]ではいられないことに由来する。
*:"All unser Übel kommt daher, daß wir nicht allemn sein können."
匿名利用者