「アルトゥール・ショーペンハウアー」の版間の差分

編集の要約なし
*:"Alles, alles kann einer vergessen, nur nicht sich selbst, sein eigenes Wesen." - ''Aphorismen zur Lebensweisheit''
*もし若かりし時に友人であった二人の人間が、人生の晩年に再会したならば、お互いの顔を認めたときにまず思うのは人生に対する全くの失望であろう。なぜならば人生が美しく見えたときの頃の記憶が蘇り、その頃はなんと人生がばら色の夜明けにおいて多くのものを約束してくれたか、そして結局は少しのものしか満たしてくれなかったことを感じずにはいられないからである。
*学者とは書物を読破した人、思想家、天才とは人類の蒙をひらき、その前進を促す者で、世界という書物を直接読破した人である。
*もともと自分の抱く基本的思想にのみ真理と生命が宿る。我々が真の意味で十分に理解するのも自分の思想だけだからである。書物から読み取った他人の思想は、他人の食べ残し、他人の脱ぎ捨てた古着にすぎない。
*真の思索者は君主に類似している。彼は誰の力も借りず独立の地位を保ち、自らの上に立つ如何なる者も認めない。その判断は君主が決定するように自らの絶対的権力から下され、自分自身にその根拠を持つ。すなわち君主が他人の命令を承認しないように、思索者は権威を認めず、自分で真なることを確かめたこと以外は承認しないのである。
 
==出典の不明確なもの==
*われわれのすべての災禍は、我々が[[孤独|ひとりきり]]ではいられないことに由来する。
匿名利用者