「セーレン・キェルケゴール」の版間の差分

編集の要約なし
(Bot: Migrating 34 interwiki links, now provided by Wikidata on d:Q6512)
 
== 出典が確認されたもの ==
* '''私は、私にとって[[真理]]であるような真理を見つけなければならない。'''
*: '''"I must find a truth that is true for me."'''
** 類: '''私にとって真理であるような真理を発見し、私がそのために死ねるような真理を発見することが必要なのだ。'''
*: "The thing is to find a truth which is true for me, to find the idea for which I can live and die."
** [[ピーター・ヴィルヘルム・ルンド]](1835年8月31日))への手紙
* '''皮肉には主観としての素質がある。'''
*: "Irony is a qualification of subjectivity."
 
=== 死に至る病 ===
* [[絶望]]とは[[]]にいたる病である。自己の内なるこの病は、永遠に死ぬことであり、死ぬべくして死ねないことである。それは死を死ぬことである。
* [[青年]][[希望]]の幻影を持ち、[[老人]]は想起の幻影を持っている。
* [[人間]]とは[[精神]]である。精神とは何であるか。精神とは自己である。自己とは自分自身に関わる一つの関係である。
 
== 帰着されるもの ==
* '''[[人生]]は解のある問題ではなく、[[経験]]の積み続く現実です。'''
*: "Life is not a problem to be solved, but a reality to be experienced."
** 類: 人生は解のある問題ではなく、現在進行するミステリーです。
*: "Life is a mystery to be lived, not a problem to be solved."
* 人は[[]]を犯した結果罪悪を感じるのではなく、罪悪を感じるが為に罪を犯すのです。
*: Man is not conscious of guilt because he sins, but sins because he is conscious of guilt.
* '''人々が[[言論]][[自由]]を要求するのは、受け容れがたい事実から目を背ける自由を得たいが為なのです。'''
*: '''"People demand freedom of speech to make up for the freedom of thought which they avoid."'''
* それは、私にとっての真実を見つけ、私がそのために生きて死ぬことができる理念を見つけることです。
匿名利用者