「マルクス・トゥリウス・キケロ」の版間の差分

fmt, +img, +cat 引用は参照をつけないといけないなあ……
(Bot: Migrating 42 interwiki links, now provided by Wikidata on d:Q1541)
(fmt, +img, +cat 引用は参照をつけないといけないなあ……)
== [[wFile:マルクス・トゥリウス・キケロMarcus Tullius Cicero-Vatican Museums.jpg|thumb|right|マルクス・トゥリウス・キケロ]] ==
'''マルクス・トゥリウス・キケロ'''('''Marcus Tullius Cicero''', 紀元前106年 - 紀元前43年)は古代ローマの政治家、作家、哲学者。
 
==引用==
 
*多様であることは歓びをもたらす。-- 『神々の本性について』{{lang|la|''De natura deorum''}}
*:{{lang|la|Varietas delectat.}}
 
*生あるところに、[[希望]]もある。--『アッティクス宛書簡集』{{lang|la|''Ad Atticum''}}
 
*いつまで浪費するつもりかカティリナ、我々の忍耐を。--『カティリナ弾劾』{{lang|la|''In Cattininam''}}, I. I. 1
*:{{lang|la|Quo usque tandem abutere, Catilina, patientia nostra?}}
 
*彼は去り、逃亡し、忘れられ、消え去った。--前掲書『カティリナ弾劾』
*:{{lang|la|Abiit, excessit, evasit, erupit.}}
 
=== 『義務について』===
*人間の[[善]]が最高の法である。
 
=== その他 ===
 
*多様であることは歓びをもたらす。- 『神々の本性について』{{lang|la|''De natura deorum''}}
*:{{lang|la|Varietas delectat.}}
 
*生あるところに、[[希望]]もある。-『アッティクス宛書簡集』{{lang|la|''Ad Atticum''}}
 
*いつまで浪費するつもりかカティリナ、我々の忍耐を。-『カティリナ弾劾』{{lang|la|''In Cattininam''}}, I. I. 1
*:{{lang|la|Quo usque tandem abutere, Catilina, patientia nostra?}}
 
*彼は去り、逃亡し、忘れられ、消え去った。--前掲書
*:{{lang|la|Abiit, excessit, evasit, erupit.}}
 
== 帰せられるもの ==
* 時とは、永遠の一部分である。
*: {{lang|la|Tempus est quaedam pars aeternitatis.}}
 
==外部リンク==
[[Category:作家]]
[[Category:古代ローマ人]]
[[Category:紀元前没]]
5,740

回編集