「旅」の版間の差分

松尾芭蕉 から1句、西行から1句(小夜の中山の歌、歌意はあきらかに旅の歌)
(Bot: removing existed iw links in Wikidata)
(松尾芭蕉 から1句、西行から1句(小夜の中山の歌、歌意はあきらかに旅の歌))
 
==引用==
*[[]]にあれば{{ruby||け}}に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る --[[有間皇子]]
*:*『万葉集』所収。
 
*細草微風の岸/危檣独夜の[[]][[]]垂れて平野闊く/[[]]湧きて[[川|大江]]流る --[[杜甫]]、「旅夜に懐を書す」
*:細艸微風岸/危檣獨夜舟</br>星垂平野闊/月湧大江流
 
*たちわかれ因幡の山の峰におふるまつとしきかばいま帰りこむ --[[在原行平]]
**『古今和歌集』『小倉百人一首』収録。
 
*名にしおはばいざ言問はむ都鳥我がおもふ人はありやなしやと --[[在原業平]]
*:*『古今和歌集』収録。『[[伊勢物語]]にも見える。
 
*年たけてまたこゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山 --[[西行]]
*あまりに旅に時間を費やす者は、最後には己の国でよそものとなる。--[[ルネ・デカルト]]『方法序説』
 
*あまりに旅に時間を費やす者は、最後には己の国でよそものとなる。--[[ルネ・デカルト]]『方法序説』(1637年)
*月日は百代の過客にして行きかふひともまた旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。 --松尾芭蕉『おくのほそ道』
 
*月日は百代の過客にして行きかふひともまた旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。 --松尾芭蕉『おくのほそ道』(1702年)
*旅に[[病|病んで]][[夢]]は枯野をかけ廻る --松尾芭蕉『笈日記』
 
*旅人と我名よばれん初しぐれ --松尾芭蕉『笈の小文』(1709年)
*ぼくらは[[宇宙|万有]]のうちへと旅をする夢を見る。ところで万有とはぼくらのうちにあるのではないだろうか。--[[ノヴァーリス]]『花粉』
 
*旅に[[病|病んで]][[]]は枯野をかけ廻る --松尾芭蕉『笈日記』(1695年)
**芭蕉(1694年没)の辞世。
 
*ぼくらは[[宇宙|万有]]のうちへと旅をする夢を見る。ところで万有とはぼくらのうちにあるのではないだろうか。--[[ノヴァーリス]]『花粉』
*: "Wir träumen von Reisen in das Weltall: Ist denn das Weltall nicht in uns?" - ''Novalis, Blütenstaub''
 
*汽笛一声 新橋を<br>はや我汽車は 離れたり<br>愛宕の山に 入り残る<br>月を旅路の 友として -- [[大和田建樹]]『地理教育鉄道唱歌』
 
*[[フランス|ふらんす]]へ行きたしと思へども<BR>ふらんすはあまりに遠し<BR>せめては新しき背広をきて<BR>きままなる旅にいでてみん。--[[萩原朔太郎]]
 
*幾山河(いくやまかは)こえさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく --[[若山牧水]]『海の声』
5,740

回編集