「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 語録 ==
* 夜も昼も、寝ても、覚めても、このことで私の頭は一杯である。ドイツはどうなるのかと。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)1ページ</ref>
 
* ドイツ民族よ。階級闘争の思想を捨て分裂の思想を捨てて一致団結すれば、ドイツ民族は強くなる。
:  自分の労働を民族全体の生存の意志と一致させるとき、その労働には思いもよらない力がこもるものである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)3ページ</ref>
 
* ドイツは世界で最も強固な力をもつ国であり、温室育ちの植物ではない。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)4ページ</ref>
 
* 或る者が過失をおかしても私は特に怒らない。しかし軍律に反した場合はこれは基本にかかわる問題である。当事者は場合によっては階級や地位その他すべてを失うことがあり得る。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)10ページ</ref>
 
* 歴史に対する感覚のない人間は視聴覚のない人間のようなものである。生きては行けるであろうが、それが何になろうか。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)12ページ</ref>
 
* 我々の任務を後代の人たちの手に引き継いでもよかったろうにと言う人があったら、それはできないと答えよう。我々の次の世代が巨人の世代になるとは限らない。ドイツが立ち直るために三十年の年月を要した。ローマは二度と立ち上れなかった。これが歴史の語るところである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)12ページ</ref>
 
* 迷信というものは笑うべきことであっても、人を動かす上に考慮に入れなければならない要素だと私は思う。私が一度、ムッソリーニが月の十三日に軍事行動を起そうとしたのを止めさせたことがあるのも、そのためである。
:  同じように、ベテランの水夫たちが金曜日の出航は危険だと思っているのなら、それを強行させるのはまちがいだと思う。このような迷信というものは不慮の作用となり得るものである。こういうものを信じている人たちはちょっとした危険に際してすぐに浮き足立つものであるから。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)14ページ</ref>
 
* 内省的になることは、人間にとって全く素晴らしいことではある。事実は、我々は意志のない造物であるということ、一方、創造的な力が存在するということである。これを否定しようとするのは愚かである。誤ったことを信じている者でも、何も信じていない者に比べればはるかにましである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)22ページ</ref>
 
* 我々は不運にも、持つ宗教を間違った。日本人が持っているような、祖国のために我が身を犠牲にすることを最善とする宗教を、我々はなぜ持たなかったのだろうか。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)28ページ</ref>
 
* ボルシェビズムは程度の低い民族のための教義である。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)62ページ</ref>
 
* ショーペンハウエルの一冊が、一九一四年から一九一八年の戦争の間、私の伴侶であった。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)219ページ</ref>
 
 
 
== 参考文献 ==
*アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年/旧版『ヒットラーはこう語った』、初版1976年)ISBN 456204702X
 
 
36

回編集