「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
 
=== 語録 ===
* 夜も昼も、寝ても、覚めても、このことで私の頭は一杯である。ドイツはどうなるのかと。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)1ページ</ref>
 
* ショーペンハウエルの一冊が、一九一四年から一九一八年の戦争の間、私の伴侶であった。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)219ページ</ref>
 
 
=== 演説 ===
* われわれがクリスマスのときに祝う出来事が実際に起こっていた時代は、多くの点で今日の時代とよく似た特徴を持っている。当時も、ユダヤ人気質によって病んだ唯物主義的世界であった。当時も、困難が乗り越えられたのは、国家権力によってではなくて、最もあわれむべき状況下で生を享けた人物が告知した救済の教えによってであった。そして、アーリアの血を持つ人はみな、今日でもなおこの人物の誕生を祝っている。キリストは、アーリアの血を持っていたのだ。
:  われわれは今日ふたたび、毒によって生み出された時代、国家権力による統治が不可能な時代を迎えている。われわれと同じ血を持つ人々をこの唯物主義の世界から解放し、この人々に再び魂の平和を与えようとする運動のためにわれわれが戦うとき、われわれはみな根本において最も堅いキリスト教の信仰によって駆り立てられているのである。われわれ国民社会主義者たちは、キリストのなした御業のなかに、熱狂的な信仰を通じて最も途方もないことを達成する可能性を見ている。キリストは腐敗した世界のなかで立ち上がり、信仰を説き、初めは嘲りを受けたが、しかしこの信仰が大きな世界的運動となった。われわれは同じことを、政治の領域でもたらしたいと思う。どの国民社会主義者も、心にひとつの確信を持っておいてよかろう。もしわれわれが鉄のような精力と粘り強さと最高の信仰を持ってわれわれの所業をなすならば、われわれの所業はいかなる現世の権力によってもくじかれることはありえないであろうと。貨幣と黄金の力も、くじかれるであろう。というのも、黄金は世界における最高のものではないから。
 
:  われわれは、われわれの理念が、もしそれが正しいのならば、普及するであろうことを確信してかまわない。そしてそれは正しいのであり、普及するのである。そのことは、今日のドイツにおいて明らかである。あらゆる妨害、あらゆる迫害、あらゆる禁止、そして指導者たちを倒して麻痺させようとするあらゆる試みにもかかわらず、この運動は中断されることなく広がっている。四、五年前に誰がいったい、この運動が全国の小さな街々にまで広がると予感したであろうか。われわれはとりわけ、「意志があれば道は平坦になる」ということばを肝に銘じておかねばならない。もし誰かがわれわれのことを時勢に乗じた党であると言うならば、われわれは悠然と、しかりと言うことができる。今日のドイツの土壌は、われわれの運動にとって最良の土壌となっている。
 
:  われわれの理念が勝利するのに、あと二〇年または一〇〇年かかるかもしれない。今日この理念を信仰している人々は、死んでしまっているかもしれない。民族と人類の発展において一個人は何の意味があるというのか。われわれの理念が認められる時代が来るであろう。したがって、われわれは戦いを戦い抜かねばならない。われわれは、ドイツ人としてだけではなく、キリスト者としても戦いを正しく耐え抜いたと後世の人々に言ってもらえるように、戦いを戦い抜かねばならない。(一九二五年十二月十二日、ディンゴルフィングにおけるナチ党集会での演説)<ref name="高田博行ヒトラー演説中央公論新社78-81">[[w:高田博行|高田博行]]『ヒトラー演説』([[w:中央公論新社|中央公論新社]])78-81ページ</ref>
 
== 脚注 ==
36

回編集