「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

 
* 党はヒトラーであり、ヒトラーはしかしドイツである。ドイツがヒトラーであるように!
** 1934年ナチ党大会での総統代理[[ルドルフ・ヘス]]の演説。[[w:田野大輔|田野大輔]]訳
 
* 民族が高潔かどうかの決定を人間が下すことは難しい。それは神に任せられるべきだ。
 
:  われわれの理念が勝利するのに、あと二〇年または一〇〇年かかるかもしれない。今日この理念を信仰している人々は、死んでしまっているかもしれない。民族と人類の発展において一個人は何の意味があるというのか。われわれの理念が認められる時代が来るであろう。したがって、われわれは戦いを戦い抜かねばならない。われわれは、ドイツ人としてだけではなく、キリスト者としても戦いを正しく耐え抜いたと後世の人々に言ってもらえるように、戦いを戦い抜かねばならない。(一九二五年十二月十二日、ディンゴルフィングにおけるナチ党集会での演説)<ref name="高田博行ヒトラー演説中央公論新社78-81">[[w:高田博行|高田博行]]『ヒトラー演説 熱狂の真実』([[w:中央公論新社|中央公論新社]])78-81ページ</ref>
 
 
== 脚注 ==
36

回編集