「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

:  われわれは、われわれの理念が、もしそれが正しいのならば、普及するであろうことを確信してかまわない。そしてそれは正しいのであり、普及するのである。そのことは、今日のドイツにおいて明らかである。あらゆる妨害、あらゆる迫害、あらゆる禁止、そして指導者たちを倒して麻痺させようとするあらゆる試みにもかかわらず、この運動は中断されることなく広がっている。四、五年前に誰がいったい、この運動が全国の小さな街々にまで広がると予感したであろうか。われわれはとりわけ、「意志があれば道は平坦になる」ということばを肝に銘じておかねばならない。もし誰かがわれわれのことを時勢に乗じた党であると言うならば、われわれは悠然と、しかりと言うことができる。今日のドイツの土壌は、われわれの運動にとって最良の土壌となっている。
 
:  われわれの理念が勝利するのに、あと二〇年または一〇〇年かかるかもしれない。今日この理念を信仰している人々は、死んでしまっているかもしれない。民族と人類の発展において一個人は何の意味があるというのか。われわれの理念が認められる時代が来るであろう。したがって、われわれは戦いを戦い抜かねばならない。われわれは、ドイツ人としてだけではなく、キリスト者としても戦いを正しく耐え抜いたと後世の人々に言ってもらえるように、戦いを戦い抜かねばならない。(一九二五年十二月十二日、ディンゴルフィングにおけるナチ党集会での演説)<ref name="高田博行ヒトラー演説中央公論新社78-81">[[w:高田博行|高田博行]]『ヒトラー演説 熱狂の真実』([[w:中央公論新社|中央公論新社]]、2014年)78-81ページ</ref>
 
== 脚注 ==
36

回編集