「Wikiquote:削除依頼」の版間の差分

→‎モデルプレスからの転載: 全て削除せざるを得ないとの意見
(→‎モデルプレスからの転載: 全て削除せざるを得ないとの意見)
:判断としては前例を改めるべき箇所も見いださないので削除にかたむいていますが,とりあえず「引用が可能であることの証明」なる文言が理解できないのと,モデルプレスが無償での転記を禁止しているというここでは関係ないであろう条々が持ち出されているので,とりあえず対応に考えあぐねている,ということをコメントしておきます。Charidriさんのコメントに関しては,まあそれがもし著作権上等の問題があるならば感情的に許しがたくともどうにもならないのではないか,とだけコメントしておきます。 [[利用者:Kzhr|Kzhr]] ([[利用者・トーク:Kzhr|トーク]]) 2016年6月7日 (火) 08:19 (UTC)
::すなわち,問題は,IP氏のおっしゃるようなモデルプレスというところから引用したからよくないのではなく,日本の著作権法上,現行の形式では引用として成立しない可能性が強く疑われる点にあるのであって(それゆえに日本語版ウィキクォートの方針として死後五十年を経ていないひとからの引用を忌避することが考えられたわけですが),その点でこの見出しは問題を適切に表していないであろうということも指摘しておきます。 [[利用者:Kzhr|Kzhr]] ([[利用者・トーク:Kzhr|トーク]]) 2016年6月7日 (火) 10:38 (UTC)
:::[[{{ns:project}}:基本方針とガイドライン]] および [[{{ns:project}}:著作権]] によれば、私たちウィキクォート日本語版は「パブリックドメインかどうか」を収録の要件としています。ウィキクォートのスコープは引用集であり、法で保護された著作物を、いわゆる引用の要件(質的量的な主従関係等)を全て満たして引用することは、基本的にスコープ外でしょう。
:::パブリックドメインでないが法に定められた範囲で自由利用可能な著作物、例えば日本の著作権法第40条1項が定める「公開して行われた政治上の演説又は陳述……」などは、収録可能と考えてよさそうな根拠があるのかどうか私にはよくわかりませんが、ひょっとしてグレーゾーンでしょうか。
:::
:::今回の審議対象はいずれもパブリックドメインと推定すべき理由がなく、パブリックドメインではないが利用可能と推定すべき理由<small>(例えば無償での利用許諾が表明されている等)</small>もなく、したがって大変残念ですが全て [[File:Symbol delete vote.svg|15px]] '''削除''' せざるを得ないように思います。 --[[利用者:Kanjy|Kanjy]] ([[利用者・トーク:Kanjy|トーク]]) 2016年6月13日 (月) 14:59 (UTC)
77

回編集