「毛沢東」の版間の差分

編集の要約なし
 
* 「<ruby><rb>一些</rb><rt>わずか</rt></ruby>の同志は日本が地を<ruby><rb>占</rb><rt>し</rt></ruby>むるところ少くば<ruby><rb>越</rb><rt>そのほど</rt></ruby><ruby><rb>好</rb><rt>よ</rt></ruby>い<ruby><rb>越</rb><rt>ものであ</rt></ruby>り、<ruby><rb>後</rb><rt>のち</rt></ruby>に<ruby><rb>才</rb><rt>さい</rt></ruby>來たりて統一認識することを<ruby><rb>認為</rb><rt>かんがえてゐ</rt></ruby>る:日本が多く地を<ruby><rb>占</rb><rt>し</rt></ruby>むるところ,才が國を愛さしめ。<ruby><rb>否則</rb><rt>さもなくば</rt></ruby><ruby><rb>便</rb><rt>すぐ</rt></ruby>に<ruby><rb>成</rb><rt>かわ</rt></ruby>りて[[蔣介石]]の國を愛して<ruby><rb>了</rb><rt>しま</rt></ruby>ふ。國の中は蔣、日、我、三國<ruby><rb>志</rb><rt>こころざし</rt></ruby>の國を有す。」
*:「<font lang="zh">一些同志認為日本占地越少越好後來才統一認識讓日本多占地才愛國否則便成愛蔣介石的國了國中有國蔣日我三國志.。</font>
*:1959年廬山會議での発言。『廬山會議實錄』より
 
66

回編集