「坂本龍馬」の版間の差分

=== その他===
*世に活物たるもの皆衆生なれば、いづれを上下とも定めがたし。いま世の活物にては、ただ我をもって最上とすべし。
**『軍中龍馬奔走録』よりです。
*船を沈めたその償いは、金を取らずに国を取る。
**沈んだ「いろは丸」の賠償金を紀州藩に支払わせるため、龍馬が作り、長崎の丸山で流行させた歌。
匿名利用者