「ヨシフ・スターリン」の版間の差分

(w:ヨシフ・スターリンoldid=67448474から転載(転載時にWikipedia側でコメントアウトされていた発言は、転載時に除去しています))
*「私が小指をちょいと動かせば、あんな奴、吹き飛ばされて木端微塵さ」([[w:1948年|1948年]]頃にチトーを評した際の言葉)
*「私にも見当がつかん。連中は私の身内も全員刑務所に放り込んだではないか」(1949年、妻ポリーナが逮捕された理由をモロトフがスターリンに尋ねた時に。連中とはベリヤのこと)
*「あなたがひどい目に会おうと私は指一本もあげないから、[[沢東|毛]]に助けてもらいたまえ」(1950年、金日成に韓国侵攻を認めたときの言葉)<ref>『ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』デビッド・ハルバースタム著 山田耕介・山田侑平訳 文藝春秋 2009 ISBN 978-4-16-371810-1</ref>
*「日本は最後にはまた這い上がってくる」(第二次世界大戦終結直後)<ref>[http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0302&f=business_0302_024.shtml 中国から見た日本「日本は不景気から必ず復活する」(1)]</ref>
*「ドイツがわがロシアに殲滅戦を望むのなら、同じことをあいつらにくれてやろうじゃないか。」(1941年11月6日 [[w:モスクワの戦い|モスクワの戦い]]時のモスクワの地下鉄マヤコフスキー駅における演説の一部)<ref>アンドリュー・チコルスキ著『モスクワ攻防戦』2010年 作品社</ref>
2

回編集