「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ」の版間の差分

 
 
*ふたつの[[魂]]が、嗚呼、俺の胸に宿っている。ファウスト、第1部、1112行。
*:{{lang|de|''Zwei Seelen wohnen, ach! in meiner Brust.''}}
 
*[[友]]よ、すべての[[理論]]は灰色だ、/そして[[人生]]の黄金の樹は緑に繁っている。-- メフィストフェレス、第1部、2038行-2039行。
*すべて過ぎ去るものは、永遠なるものの喩えにすぎぬ。/不十分なものも、ここでは実を結ぶ。/書かれざることが、ここではなされる。/永遠に[[女性]]的なるものが、われらを引き、昇らせる。-- 神秘的な合唱、第2部、12104行以下。
**作品全体の終結部にあたる。
*:{{lang|de|''Alles Vergängliche / Ist nur ein Gleichnis; Das Unzulängliche / Hier wirds Ereignis;'' <br>''Das Unbeschreibliche, Hier ist's getan; / Das Ewig-Weibliche / Zieht uns hinan.''}}
 
== 帰せられるもの ==