「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」の版間の差分

(フルネーム)
 
Georg Wilhelm Friedrich Hegel、(1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者でありドイツ観念論を代表する思想家である。
 
 
*ミネルヴァの梟は黄昏とともにようやく飛び始める
*:『法哲学』(1820年)より
 
*[[国家]]は人倫的理念の現実性である。--『法哲学』
*: "Der Staat ist die Wirklichkeit der sittlichen Idee." ''Grundlinien der Philosophie des Rechts''
 
---
*すべて存在するものは、理性的である。
*: "Alles, was ist, ist vernünftig."
 
* 人間が、教養形成によってはじめて、人間としてかくあるべきものになる。
*: "Der Mensch ist, was er als Mensch sein soll, erst durch Bildung."
 
[[de:Georg Wilhelm Friedrich Hegel]]
[[pl:Georg Wilhelm Friedrich Hegel]]
5,744

回編集