「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

(File)
* ショーペンハウエルの一冊が、一九一四年から一九一八年の戦争の間、私の伴侶であった。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)219ページ</ref>
 
*国民の自業自得だ。国民が地獄を味わうのは当然の義務。(選挙で)我々を選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ。<ref>映画『ヒトラー ―最期の12日間―』より</ref>
 
=== 演説 ===