「Wikiquote:スタイルマニュアル」の版間の差分

→‎Punctuation style: 一応訳す。が、一応セクション丸ごとコメントアウト。
(少し整理。)
(→‎Punctuation style: 一応訳す。が、一応セクション丸ごとコメントアウト。)
これは従うべきルールといったものではありませんが、アメリカにまつわる主題についてはアメリカ式の綴りを使い、イギリスにまつわる主題についてはイギリス式の綴りを使うとよいと思われます。また、ひとつの記事内ではどちらかに統一するのがいいでしょう。もしも記事名に英語を用いている場合には、アメリカ英語とイギリス英語の両方の綴りのファイルが存在し、一方が他方へのリダイレクトになるようにして下さい。
 
<!--
==Punctuation style==
== 句読点の様式 ==
In most cases, simply follow the usual rules of English punctuation. A few points where the Wikiquote may differ from usual usage follow.
(日本語の文章の場合は、引用符としてカギ括弧を使うのが自然かもしれません。少なくとも、以下は英文部分には適用可能なはずです。)
 
ほとんどの場合、単に英語の句読の通常の規則に従ってください。Wikiquoteが通常の使用法と異なるかもしれない点について続けます。
With '''[[quotation mark]]s''', we suggest splitting the difference between American and English usage.
 
'''[[w:引用符|引用符]]'''について、私たちはアメリカとイギリスの使用法間の違いを明らかにすることを示唆します。
Although it is not a rigid rule, it is probably best to use the "double quotes" for most quotations, as they are easier to read on the screen, and use 'single quotes' for "quotations 'within' quotations". This is the American style.
 
きっちりした規則ではありませんが、多くの引用文でダブルクウォートを使うのがおそらく最善でしょう。画面上で読みやすいですし、"引用文'の中の'引用文" にシングルクウォートを使用するのに用いるからです。これはアメリカ式です。
Note however the following problem with single quotes: if a word appears in an article with single quotes, such as 'abcd', the [[Wikipedia:Searching]] facility will only find it if you search for the word with quotes (when trying this out with the example mentioned, remember that this article is in the Wikiquote namespace). Since this is rarely desirable, this problem is an additional reason to use double quotes, for which this problem does not arise. It may even be a reason to use double quotes for quotations within quotations as well.
 
しかしながら、シングルクォートに関する次の問題に注意してください: 単語がたとえば 'abcd' のように、シングルクォートを備えて記事に現われる場合、ウィキクウォートの[[w:Wikipedia:検索|検索]]機能を用いてシングルクウォートつきの単語を探索すれば、そのままの単語 'abcd' で検索したときしかヒットしません(言及された例でこれを試みる場合この記事が Wikiquote名前空間にあることを忘れないでください)。これはあまり望ましくないことですが、この問題が生じないようにすることもダブルクウォートを使うことの付加的な理由となっています。この問題に起因して、引用文中の引用についても同様にシングルでなくダブルクウォートを用いるということになるのかもしれません。
When punctuating quoted passages, put punctuation where it belongs, inside or outside the quotation marks, depending on the meaning, '''not''' rigidly within the quotation marks. This is the British style ([[Fowler]] has good guidelines for this). For example, "Stop!" has the punctuation inside the quotation marks. However, when using "scare quotes", the comma goes outside.
 
ひとまとまりの引用文に句読点を打つとき、句読点は、引用符の内側か外側かその意味にしたがって属するところに打ちます。これはイギリス流です([[w:Fowler|Fowler]]は参考になるガイドラインを持っています)。 たとえば、"Stop!" は句読点を引用符の内側に打ちます。しかし、when using "scare quotes", だとコンマは外側です。For example, "Stop!" has the punctuation inside the quotation marks. However, when using "scare quotes", the comma goes outside.
Another example:
: Arthur said the situation was "deplorable". ''(we're quoting only part of a sentence)''
: Arthur said, "The situation is deplorable." ''(full sentence is quoted)''
 
別の例:
Keep in mind that if you're quoting several paragraphs, there should be quotes at the beginning of each paragraph, but only at the end of the last paragraph.
: アーサーはこの状況を "悲惨だ" と言った。''(文の一部が引用のとき)''
:: Arthur said the situation was "deplorable". ''(we're quoting only part of a sentence)''
: アーサーは言った、"この状況は悲惨だ。" ''(全文を引用したとき)''
:: Arthur said, "The situation is deplorable." ''(full sentence is quoted)''
 
幾つかの段落を引用するとき、引用符が各段落の始めだけでなく最後の段落の最後にもあるべきである、ということに留意してください。
For uniformity and to avoid complications use straight quotation marks and apostrophes:
 
統一性を保つためと複雑さを回避するために、引用符はアポストロフと直線形を用います:
: ' "
曲線形や "backtick" ではありません:
not curved (smart) ones or the "backtick":
: &#8216; &#8217; &#8220; &#8221; `
If you are pasting text from [[w:Microsoft Word|Microsoft Word]], remember to turn off the smart quotes feature, unmark this feature in AutoEdit and "AutoEdit during typing"! [http://www.ucar.edu/communications/thisweek/announcements/post/ascii.html]
-->
 
== 数字、重量、長さの様式 ==
72

回編集