「フランス革命」の版間の差分

Undid edits by Moukuruu (talk) to last version by 124.84.192.30
(内容を「5」で置換)
タグ: 置換
(Undid edits by Moukuruu (talk) to last version by 124.84.192.30)
タグ: 取り消し SWViewer [1.3]
[[w:フランス革命|'''フランス革命''']]に関する引用。
5
 
==帰せられるもの==
*[[ルイ16世 (フランス王)|ルイ16世]]:暴動か。<br>ラ・ロシュフーコー・リヤンクール公爵:いいえ、陛下。革命でございます。
** [[w:1789年|1789年]][[w:7月14日|7月14日]]、バスティーユ監獄陥落を[[ルイ16世 (フランス王)|ルイ16世]]に報告した際のやりとりとされる。
 
*何もなし。--ルイ16世
*:{{lang|fr|''Rien.''}}
:バスティーユ監獄が陥落した日の日記の全文。
 
*人は罪なくして王たりえない。 --[[ルイ・アントワーヌ・ド・サン・ジュスト]]
 
*この日、ここにおいて世界史の新しい時代が始まる。--[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]]
::1792年9月20日、ヴァルミーの戦いにおいてヨーロッパ史上初の国民軍の誕生に際し、残した言葉とされる。
 
*フランス革命、[[フィヒテ]]の知識学、[[ゲーテ]]の『ヴィルヘルム・マイスター』は時代のもっとも偉大なる傾向だ。--[[フリードリヒ・シュレーゲル]]
*:{{lang|de|''Französische Revolution, Fichtes Wissenschaftslehre und Goethes Wilhelm Meister sind die größten Tendenzen der Zeit.''}}
 
*[[ジャン=ジャック・ルソー|ルソー]]は存在しなかった方がフランスの安寧のためには良かった。フランス革命の下地を拵えたのは、あの男である。--[[ナポレオン・ボナパルト]]
 
*もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。 --[[ヴィクトル・ユゴー]]
 
== 誤ってフランス革命と関連づけられるもの ==
*パンが無ければブリオシュを食べればよい。
*:{{lang|fr|Qu'ils mangent de la brioche.}}
**しばしばフランス王妃[[マリー・アントワネット]]に帰せられるが、[[ジャン=ジャック・ルソー]]の『告発』(1766年)にすでに同種の発言が「さる大公夫人」の発言として記録されている。『告白』が出版されたときマリー・アントワネットは11歳で、まだフランスには嫁いでいなかった。
 
== 外部リンク ==
{{wikipedia}}
{{Commons|Category:French Revolution|フランス革命}}
 
[[Category:歴史|ふ フランス革命]]
[[Category:フランス|ふらんすかくめい]]
9

回編集