「アドルフ・ヒトラー」の版間の差分

NDBTK
(内容を「自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消え…」で置換)
タグ: 置換
(NDBTK)
 
[[File:Hitler portrait crop.jpg|thumb|]]
自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね自分の喉仏消えて死ね
 
[[w:アドルフ・ヒトラー|アドルフ・ヒトラー]] (Adolf Hitler,1889年 - 1945年)はオーストリア出身のドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党党首。
お願いだから全員津波に流されて両親失いながら死ねw
マジで求人のパンフレットや病院のサイトなどで女性が出されてる奴は全員津波に流されて両親失いながら友達津波に流されて頭をコンクリートにぶつけながら放置されて寄生虫まみれになった脳が見えた自らを親の顔面にぶちかけて死ねやw
 
== 出典が確認されたもの ==
まぁどうせ求人のパンフレットや病院のサイトなどで女性が出されてる奴はマジで災害が来たら1人ば犠牲するからいいけど爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑爆笑
 
* この地球は『人種戦争の勝利者に贈られる持ち回りの優勝カップ』に他ならない。
**首相就任後の1933年1月30日、首相官邸で語った言葉。"Reden des Fuehrers am Parteitag der Ehre 1936"、13p、[[w:南利明 (法学者)|南利明]]訳
 
* 私は戦争を望む。私にとって手段は全て正解となる。私のモットーは「何も行わずに、敵を悩ませる」ではない。私のモットーは「完全に全ての手段で相手を倒す」だ。私は戦争を行う者だ。
** ''Hitler and Nazism''中での引用
 
* 党はヒトラーであり、ヒトラーはしかしドイツである。ドイツがヒトラーであるように!
** 1934年ナチ党大会での総統代理[[ルドルフ・ヘス]]の演説。[[w:田野大輔|田野大輔]]訳
 
* 民族が高潔かどうかの決定を人間が下すことは難しい。それは神に任せられるべきだ。
** ヴィルヘルムスハーフェンでの演説 (April 1, 1939)
<!--民族の誤記でしょうか。あと「受け継ぐ」とは?-->
 
* '''人をよりよくするのではなくそれらの弱点を利用するために、私はこの世界に入った。'''
** H.R. Trevor-Roperによるエッセイ''The Mind of Hitler''中での引用
 
* [[:w:ユダヤ人問題の最終的解決|ユダヤ人問題の認識と解決]]なしには、ドイツ民族体再興の企ては無意味であり、不可能である
* いかなる宣伝も大衆の好まれるものでなければならず、その知的水準は宣伝の対象相手となる大衆のうちの最低レベルの人々が理解できるように調整されねばならない。それだけでなく、獲得すべき大衆の数が多くなるにつれ、宣伝の純粋の知的程度はますます低く抑えねばならない。
* 大衆の受容能力は極めて狭量であり、理解力は小さい代わりに忘却力は大きい。この事実からすれば、全ての効果的な宣伝は、要点を出来るだけ絞り、それをスローガンのように継続しなければならない。この原則を犠牲にして、様々なことを取り入れようとするなら、宣伝の効果はたちまち消え失せる。というのは、大衆に提供された素材を消化することも記憶することもできないからである。
* 大衆の圧倒的多数は、冷静な熟慮でなく、むしろ感情的な感覚で考えや行動を決めるという、女性的な素質と態度の持ち主である。だが、この感情は複雑なものではなく、非常に単純で閉鎖的なものなのだ。そこには、物事の差異を識別するのではなく、肯定か否定か、愛か憎しみか、正義か悪か、真実か嘘かだけが存在するのであり、半分は正しく、半分は違うなどということは決してあり得ないのである。
**『我が闘争』より
 
* 音楽が終わったら、明かりを消してくれ。
** ヒトラー死亡直前の最後の発言。 (1945年)
 
=== 帰着されるもの ===
 
* '''パリは燃えているか?'''
*: "Brennt Paris? (Is Paris burning?)"
** 奪還までパリの司令官を務めることとなる[[:w:ディートリヒ・フォン・コルティッツ|ディートリヒ・フォン・コルティッツ]]に尋ねた言葉。ヒトラーはパリを放棄する際には街を破壊する命令を出したが、コルティッツは命令を拒否した。
* 平和主義など、臆病の現れに過ぎない。
==== プロパガンダと革命について ====
* 大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば。
* 青少年に判断力や批判力を与える必要は無い。娯楽と競争意識だけを与えればよいのだ。青少年から思考力を奪い、指導者の命令に対する服従心だけを植え付けるべきだ。国家や社会や指導者を批判する者に対して動物的な憎悪を抱かせるようにせよ。少数派や異端者は悪だ、と思い込ませよ
 
 
=== 語録 ===
* 夜も昼も、寝ても、覚めても、このことで私の頭は一杯である。ドイツはどうなるのかと。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)1ページ</ref>
 
* ドイツ民族よ。階級闘争の思想を捨て分裂の思想を捨てて一致団結すれば、ドイツ民族は強くなる。
:  自分の労働を民族全体の生存の意志と一致させるとき、その労働には思いもよらない力がこもるものである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)3ページ</ref>
 
* ドイツは世界で最も強固な力をもつ国であり、温室育ちの植物ではない。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)4ページ</ref>
 
* 或る者が過失をおかしても私は特に怒らない。しかし軍律に反した場合はこれは基本にかかわる問題である。当事者は場合によっては階級や地位その他すべてを失うことがあり得る。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)10ページ</ref>
 
* 歴史に対する感覚のない人間は視聴覚のない人間のようなものである。生きては行けるであろうが、それが何になろうか。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)12ページ</ref>
 
* 我々の任務を後代の人たちの手に引き継いでもよかったろうにと言う人があったら、それはできないと答えよう。我々の次の世代が巨人の世代になるとは限らない。ドイツが立ち直るために三十年の年月を要した。ローマは二度と立ち上れなかった。これが歴史の語るところである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)12ページ</ref>
 
* 迷信というものは笑うべきことであっても、人を動かす上に考慮に入れなければならない要素だと私は思う。私が一度、ムッソリーニが月の十三日に軍事行動を起そうとしたのを止めさせたことがあるのも、そのためである。
:  同じように、ベテランの水夫たちが金曜日の出航は危険だと思っているのなら、それを強行させるのはまちがいだと思う。このような迷信というものは不慮の作用となり得るものである。こういうものを信じている人たちはちょっとした危険に際してすぐに浮き足立つものであるから。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)14ページ</ref>
 
* 内省的になることは、人間にとって全く素晴らしいことではある。事実は、我々は意志のない造物であるということ、一方、創造的な力が存在するということである。これを否定しようとするのは愚かである。誤ったことを信じている者でも、何も信じていない者に比べればはるかにましである。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)22ページ</ref>
 
* 我々は不運にも、持つ宗教を間違った。日本人が持っているような、祖国のために我が身を犠牲にすることを最善とする宗教を、我々はなぜ持たなかったのだろうか。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)28ページ</ref>
 
* ボルシェビズムは程度の低い民族のための教義である。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)62ページ</ref>
 
* ショーペンハウエルの一冊が、一九一四年から一九一八年の戦争の間、私の伴侶であった。<ref>アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年)219ページ</ref>
 
*国民の自業自得だ。国民が地獄を味わうのは当然の義務。(選挙で)我々を選んだのは国民なのだから、最後まで付き合ってもらうさ。<ref>映画『ヒトラー ―最期の12日間―』より</ref>
 
=== 演説 ===
* われわれがクリスマスのときに祝う出来事が実際に起こっていた時代は、多くの点で今日の時代とよく似た特徴を持っている。当時も、ユダヤ人気質によって病んだ唯物主義的世界であった。当時も、困難が乗り越えられたのは、国家権力によってではなくて、最もあわれむべき状況下で生を享けた人物が告知した救済の教えによってであった。そして、アーリアの血を持つ人はみな、今日でもなおこの人物の誕生を祝っている。キリストは、アーリアの血を持っていたのだ。
:  われわれは今日ふたたび、毒によって生み出された時代、国家権力による統治が不可能な時代を迎えている。われわれと同じ血を持つ人々をこの唯物主義の世界から解放し、この人々に再び魂の平和を与えようとする運動のためにわれわれが戦うとき、われわれはみな根本において最も堅いキリスト教の信仰によって駆り立てられているのである。われわれ国民社会主義者たちは、キリストのなした御業のなかに、熱狂的な信仰を通じて最も途方もないことを達成する可能性を見ている。キリストは腐敗した世界のなかで立ち上がり、信仰を説き、初めは嘲りを受けたが、しかしこの信仰が大きな世界的運動となった。われわれは同じことを、政治の領域でもたらしたいと思う。どの国民社会主義者も、心にひとつの確信を持っておいてよかろう。もしわれわれが鉄のような精力と粘り強さと最高の信仰を持ってわれわれの所業をなすならば、われわれの所業はいかなる現世の権力によってもくじかれることはありえないであろうと。貨幣と黄金の力も、くじかれるであろう。というのも、黄金は世界における最高のものではないから。
 
:  われわれは、われわれの理念が、もしそれが正しいのならば、普及するであろうことを確信してかまわない。そしてそれは正しいのであり、普及するのである。そのことは、今日のドイツにおいて明らかである。あらゆる妨害、あらゆる迫害、あらゆる禁止、そして指導者たちを倒して麻痺させようとするあらゆる試みにもかかわらず、この運動は中断されることなく広がっている。四、五年前に誰がいったい、この運動が全国の小さな街々にまで広がると予感したであろうか。われわれはとりわけ、「意志があれば道は平坦になる」ということばを肝に銘じておかねばならない。もし誰かがわれわれのことを時勢に乗じた党であると言うならば、われわれは悠然と、しかりと言うことができる。今日のドイツの土壌は、われわれの運動にとって最良の土壌となっている。
 
:  われわれの理念が勝利するのに、あと二〇年または一〇〇年かかるかもしれない。今日この理念を信仰している人々は、死んでしまっているかもしれない。民族と人類の発展において一個人は何の意味があるというのか。われわれの理念が認められる時代が来るであろう。したがって、われわれは戦いを戦い抜かねばならない。われわれは、ドイツ人としてだけではなく、キリスト者としても戦いを正しく耐え抜いたと後世の人々に言ってもらえるように、戦いを戦い抜かねばならない。(一九二五年十二月十二日、ディンゴルフィングにおけるナチ党集会での演説)<ref name="高田博行ヒトラー演説中央公論新社78-81">[[w:高田博行|高田博行]]『ヒトラー演説 熱狂の真実』([[w:中央公論新社|中央公論新社]]、2014年)78-81ページ</ref>
 
== 脚注 ==
{{Wikipedia}}
{{reflist}}
 
 
== 参考文献 ==
*アイバンホー・プレダウ編 『ヒトラー語録』 (小松光昭訳、[[w:原書房|原書房]]、2011年/旧版『ヒットラーはこう語った』、初版1976年)ISBN 456204702X
*[[w:高田博行|高田博行]] 『ヒトラー演説 熱狂の真実』 [[w:中央公論新社|中央公論新社]]、2014年
 
 
{{デフォルトソート:ひとらあ あとるふ}}
[[Category:政治家|ひ アドルフ・ヒトラー]]
[[Category:ナチス・ドイツ|*]]
[[Category:軍人]]
[[Category:ドイツの首相]]
[[Category:自殺した人物]]
[[Category:1880年代生|ひ アドルフ・ヒトラー]]
[[Category:1940年代没|ひ アドルフ・ヒトラー]]
152

回編集