「清少納言」の版間の差分

118.8.32.144 (トーク) による編集を Kzhr による直前の版へ差し戻しました
(→‎各本: うんこ💩うんこ💩って入れた問おううう)
タグ: 絵文字 モバイル編集 モバイルウェブ編集
(118.8.32.144 (トーク) による編集を Kzhr による直前の版へ差し戻しました)
タグ: 巻き戻し
 
[[秋]]は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、[[烏]]の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて[[雁]]などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、[[風]]の[[音]]、[[虫]]の音など、はたいふべきにあらず。
 
[[冬]]は、つとめて。[[雪]]の降りたるはいふべきにもあらず。[[霜]]のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、おチンチン💩うんこ💩💩💩わろし。
 
:(現代語訳)
*:はるはあけぼの そらはいたかくかすみたるに やう/\しろくなりゆくやまぎはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる<br>夏はよる 月のころはさらなり やみもほたるのほそくとびちがひたる またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし あめなどのふるさへをかし<br>秋はゆふぐれ ゆふひのきはやかにさして山のはいとちかくなりたるに からすのねにゆくとて 三つ四つ二つ三つなど とびゆくさへあはれなり ましてかりなどのつらねたるが いとちひさくみゆる をかし 日のいりはてて かぜのおと むしのねなど はたいふべきにあらずめでたし<br>冬はつとめて 雪のふりたるはいふべきならず しもなどのいとしろく またさらでもいとさむきに ひなどいそぎおこし すみなどもてわたるも つきくし ひるになりて やう/\ぬるくゆるびもてゆけば いきもきえ すびつ ひをけも しろきはいがちにきえなりぬるはわろし 
 
*堺本
*堺本にムフめいちもつ うんこ💩💩おチンチンいちもつうんこ💩
*:春はあけぼのの空は いたくかすみたるに やう/\白くなり行く山のはの すこしづつあかみて むらさきだちたる雲のほそくたなびきたるもいとをかし<br>夏はよる 月の比はさらなり ねやもなほ蛍おほく飛びちがひたる 又 ただひとつふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし 雨ののどやかにふりそへたるさへこそをかしけれ<br>秋は夕暮 ゆふ日のきはやかにさして山のはちかくなりたるに 烏のねにゆく三つ四つふたつみつなど 飛び行くもあはれなり まして雁のおほく飛びつれたる いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはててのち 風のおと 虫の声などは いふべきにもあらずめでたし<br>冬はつとめて 雪の降りたるにはさらにもいはず 霜のいと白きも 又さらねどいとさむきに 火などいそぎおこして すみもてありきなどするみるも いとつきづきし ひるになり ぬれのやう/\ぬるくゆるいもていにて 雪も消え すびつ 火をけの火も しろきはいがちになりぬればわろし