「桜」の版間の差分

より+1
(+2)
(より+1)
なお日本語で[[花]]とあるときは桜をさすことが多い。
 
*世の中に絶えて櫻のなかりせば春の心はのどけからまし(世の中に桜というものがなかったなら、春に(桜はいつ咲くだろうかとか、雨風で散ってしまわないだろうかなどと)心乱されることはないだろうに) -- [[在原業平]](古今和歌集)
**世の中に桜というものがなかったなら、春に(桜はいつ咲くだろうかとか、雨風で散ってしまわないだろうかなどと)心乱されることはないだろうに
*いにしへの奈良の都の八重櫻けふ九重ににほひぬるかな -- [[伊勢大輔]]
*さまざまのこと思ひ出す櫻かな -- [[松尾芭蕉]]
*桜折る馬鹿、梅折らぬ馬鹿。-作者不明
75

回編集