「月」の版間の差分

枕草子
(枕草子)
[[w:月|月]]に関する引用。
 
*[[]]、[[夜]]よる。月のはさらなり、やみも猶ほたるとびちがひたる 雨などのふるさへをかし。 --[[清少納言]] 能因本系『枕草子』 
*夏はよる。月の比はさら也、やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる。又、一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし。雨などふるもをかし。 - 三巻本系第二類本弥富本『枕草子』
*夏はよる。月のころはさらなり、やみもほたるのほそくとびちがひたる。またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし。あめなどのふるさへをかし。 - 前田家本系『枕草子』
*夏はよる。月の比はさらなり、ねやもなほ螢おほく飛びひがひたる。又、ただひとつふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし。雨ののどやかにふりそへたるさへこそをかしけれ。 - 堺本系『枕草子』
:--[[w:清少納言|清少納言]]
 
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。- [[w:吉田兼好|吉田兼好]]徒然草百三十七段
*月とすっぽん --[[日本の諺]]
==[[w:百人一首|小倉百人一首]]==
*秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の 影のさやけさ --左京大夫顕輔
*ほととぎす 鳴きつる方を ながれむれば ただありあけの 月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが[[涙]]かな --[[w:西行|西行]]
[[Category:主題別|つき 月]]
858

回編集