「月」の版間の差分

編集の要約なし
 
*天の海に 雲の波立ち 月の船 [[星]]の林に 漕ぎ隠る見ゆ -- [[万葉集]]
*この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の欠 けたることのな しと思へば -- [[w:藤原道長|藤原道長]]
 
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
=== 諺 ===
*いつも月夜に米の飯
*月とすっぽん --[[日本の諺]]
*月にむら雲、花に風
 
*月に釜をぬかれる
*月の影取る猿*月の前の灯火
*月を指せば指を認める
*月夜に背中をあぶる
*月夜に提灯
*月夜に提灯も外聞
*月夜の蟹
*三日月の下に横雲があるときは、数日中に雨が降る。
*月の色が淡く白く見えるときは、風雨が多い。
*月の色が赤黄色のときは、日照りが多い。
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも --[[w:阿倍仲麻呂|阿倍仲麻呂]]
792

回編集