「月」の版間の差分

構成なおし
(構成なおし)
[[w:月|月]]に関する引用と諺。小倉百人一首
 
 
== 引用 ==
 
=== 出典の明確なもの ===
 
*夏はよる。月の比はさらなり、やみも猶ほたるとびちがひたる。雨などのふるさへをかし。 -- 能因本系『枕草子』 
*この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の欠 けたることのな しと思へば -- [[w:藤原道長|藤原道長]]
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも --[[w:阿倍仲麻呂|阿倍仲麻呂]]
*今こむと いひしばかりに 長月の 有明の月を まちいでつるかな --素性法師
*月みれば ちぢにものこそ かなしけれ わが身一つの [[秋]]にはあらねど --大江千里
*[[朝]]ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に 降れる白雪 --文屋康秀
*夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを [[雲]]のいづこに 月やどるらむ --清原深養父
*めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな --[[w:紫式部|紫式部]]
*やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな --[[w:赤染衛門|赤染衛門]]
*心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな --三条院
*秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の 影のさやけさ --左京大夫顕輔
*ほととぎす 鳴きつる方を ながれむれば ただありあけの 月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが[[涙]]かな --[[w:西行|西行]]
 
==諺と言い伝え==
=== 諺 ===
*いつも月夜に米の飯
*月の色が赤黄色のときは、日照りが多い。 -- 日本の言い伝え
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも --[[w:阿倍仲麻呂|阿倍仲麻呂]]
*今こむと いひしばかりに 長月の 有明の月を まちいでつるかな --素性法師
*月みれば ちぢにものこそ かなしけれ わが身一つの [[秋]]にはあらねど --大江千里
*[[朝]]ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に 降れる白雪 --文屋康秀
*夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを [[雲]]のいづこに 月やどるらむ --清原深養父
*めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな --[[w:紫式部|紫式部]]
*やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな --[[w:赤染衛門|赤染衛門]]
*心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな --三条院
*秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の 影のさやけさ --左京大夫顕輔
*ほととぎす 鳴きつる方を ながれむれば ただありあけの 月ぞ残れる --後徳大寺左大臣
*なげけとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが[[涙]]かな --[[w:西行|西行]]
[[Category:主題別|つき 月]]
5,740

回編集