「月」の版間の差分

(構成なおし)
(→‎出典の明確なもの: fmt, linkfix)
=== 出典の明確なもの ===
 
*夏はよる。月の比はさらなり、やみも猶ほたるとびちがひたる。雨などのふるさへをかし。 -- 能因本系[[清少納言]]『枕草子』 能因本系
**この部分は写本によりいくつか異同がある。
*夏はよる。月の比はさら也、やみも猶ほたるの多く飛びちがひたる。又、一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし。雨などふるもをかし。 -- 三巻本系第二類本弥富本『枕草子』
::;三巻本系第二類本弥富本『枕草子』
*夏はよる。月のころはさらなり、やみもほたるのほそくとびちがひたる。またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし。あめなどのふるさへをかし。 -- 前田家本『枕草子』
*::::夏はよる。月の比はさらなりなほ螢おたるの多く飛びがひたる。又、ただひとふたつなどほのかにうちひかりて行くもいとをかし。雨ののやかにりそへたさへこそをかしけれ-- 堺本系『枕草子』
::;前田家本『枕草子』
:--[[w:清少納言|清少納言]]
*::::夏はよる。月のころはさらなり、やみもほたるのほそびちがひたる。又、一またただひとふたつなどほのかにうちひかりてくもをかし。あめなどふるさへをかし。 -- 三巻本系第二類本弥富本『枕草子』
::;堺本系『枕草子』
*::::夏はよる。月のころはさらなり、たるの螢おがひたる。また又、ただひとつふたつなどほのかにうちひかりてくもいとをかし。あめなどのどやかにりそへたるさへこそをかしけれ -- 前田家本『枕草子』
 
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[w:吉田兼好|吉田兼好]]徒然草百三十七段
 
*[[花]]は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。-- [[w:吉田兼好|吉田兼好]]徒然草百三十七段
*天の海に 雲の波立ち 月の船 [[星]]の林に 漕ぎ隠る見ゆ -- [[万葉集]]
 
*この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の欠 けたることのな しと思へば -- [[w:藤原道長|藤原道長]]
*天の海に 雲の波立ち 月の船 [[星]]の林に 漕ぎ隠る見ゆ -- [[万葉集]]<!-- 作者は-->
*この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の欠 けたることのな しと思へば -- [[w:藤原道長|藤原道長]]
::『小右記』(小野宮右大臣藤原実資)より
 
5,740

回編集