「菅義偉」の版間の差分

*人類がコロナに打ち勝った証として来(本)年夏にオリンピックを開催したい
**2020年3月、10月、11月、12月、2021年1月
*新型コロナウイルスの感染者数なども、海外と比べると、1桁以上といってもいいぐらい少ない。ワクチン接種も進んで、感染対策を厳しくやっているので、環境はそろっている、準備はできていると、そういう判断をした。やめることは、いちばん簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ
**2021年7月21日、ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに応えて
*昨年来の新型コロナウイルス感染拡大は一進一退を繰り返しているが、医療従事者、ワクチン、長いトンネルにようやく出口が見え始めている。その中で開催されるオリンピック。そうした中で東京大会は開催されます。多くの会場では無観客での開催となりますが、東京大会の意義は決して損なわれるものではありません。世界で40億人がテレビなどを通じて視聴すると言われている。困難を乗り越え、今こそ団結し、人類の英知で大会を開催したい。そして成功することを、この日本から世界に発信していきたい。'''前回の東京大会が行われた1964年は、私は高校生でしたが、未だに、選手の皆さんの活躍は目に焼きついている。'''アスリートが夢と希望と感動、そして勇気を与えてくれると確信している。未来を切り開く原動力になるはずだ。明日から、東日本大震災の被災地である福島と宮城でソフトボールと女子サッカーが行われ、復興が進んだ日本の力強さが発信される。多様性と調和が大会のテーマで、女性アスリートの割合は過去最高になった。パラリンピックでは共生社会の実現に向けて、心のバリアフリーの精神を世界に発信していきたい。多くの制約があり、これまでと異なるが、安心して大会に参加していただけるよう対策を徹底し、安心安全な大会とすることを約束したい。それでは、第138次IOC総会の開会を宣言します
**2021年7月20日、国際オリンピック委員会総会で開会宣言をした際に