「大弐三位」の版間の差分

編集の要約なし
(w:大弐三位より冒頭文)
 
編集の要約なし
 
[[ファイル:Hyakuninisshu 058.jpg|thumb|200px|大弐三位]]
'''[[w:大弐三位|大弐三位]]''' (だいにのさんみ、999年頃‐1082〜1082年頃)は平安中期の女流歌人。[[w:女房三十六歌仙|女房三十六歌仙]]の一人。[[藤原宣孝]]の女、母は[[紫式部]]。本名は'''藤原賢子'''(ふじわら の かたいこ または けんし)。'''藤三位'''(とうのさんみ)、'''越後弁'''(えちごのべん)、'''弁乳母'''(べんのめのと)とも呼ばれる。はじめ母の後を継ぎ、一条院の女院上東門院[[w:藤原彰子|藤原彰子]]に仕え、のち関白・[[w:藤原道兼|藤原道兼]]の次男・[[w:藤原兼隆|兼隆]]と結婚した。親仁親王([[w:後冷泉天皇|後冷泉天皇]])の誕生に伴い、その乳母に任ぜられた。後冷泉天皇即位後とともに従三位に昇叙、夫・成章も大宰大弐に就任した
 
== 引用 ==
100

回編集