「和泉式部」の版間の差分

 
*黒髪のみだれもしらずうちふせばまづかきやりし人ぞ[[恋]]しき
 
*涙川おなじ身よりはながるれど恋をばたぬものにぞありける
 
*世の中に恋といふ色はなけれどもふかく身にしむものにぞありける
:「こひてふいろは」とする本もある
 
*あらざらんこの世のほかの思ひ出に今一たびの逢ふこともがな
*:『小倉百人一首』にも収録。
 
*物おもへば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる魂(たま)かとぞみる
 
*今はただそよそのことと思ひ出でて忘るばかりの[[憂愁|憂き]]こともがな
*はかなしとまさしく見つる夢の世をおどろかで寝る我は人かは
 
*[[死|とどめおきて]]誰をあはれと思ふらん[[子]]はまさりけりるらん子はまさるらんりけり
 
=== その他 ===
858

回編集