「壬生忠岑」の版間の差分

みぶのただみね。平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一。[[壬生忠見]]は子。
 
===『古今和歌集』===
*[[有明]]のつれなく見えし別れより[[暁]]ばかり憂きものはなし  
*:『古今和歌集』。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*すみぞえの きみにがたもとは [[雲]]ならや 絶えず[[涙]]の [[雨]]とのみふる - 古今和歌集
*[[春]]来ぬと 人は言へども 鶯の 鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ - 古今和歌集
 
*暮るるかと みれば明けぬる 夏の夜を 飽かずとや鳴く [[時鳥]] - 古今和歌集
 
*山田守る [[秋]]の仮庵に 置く露は 稲負鳥(いなおほせとり)の 涙なりけり - 古今和歌集
 
*千鳥鳴く 佐保の川霧 ちぬらし 山の木の葉も 色増さりゆく  - 古今和歌集
 
{{wikipedia|壬生忠岑}}
[[Category:歌人|みふ 壬生忠岑]]
5,744

回編集