「紀貫之」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎仮名序: 引用と引用の間に中略はおかしいのでは。。)
*世の中にある 人ことわざ しげきものなれば 心におもふことを 見るものきくものに つけていひいだせるなり
 
*[[]]になく[[鶯|うぐひす]] [[]]にすむ[[蛙|かはづ]]のこゑをきけば いきとしいけるものいづれかうたをよまざりける
*ちからをもいれずしてあめつちをうごかし めに見えぬ おに神をもあはれとおもはせ [[男|をとこ]]をむなのなかをもやはらげ たけき[[武士|ものゝふ]]の心をもなぐさむるはうたなり
 
*このうた あめつちのひらけけはじまりけるときより いできにけり しかあれども 世につたはることは ひさかたのあめにしては したてるひめにはじまり あらかねのつちにては [[日本神話#八雲立つ|すさのをのみこと]]よりぞおこりける ちはやぶる神世には うたのもじもさだまらず すなほにして 事の心わきがたかりけらし ひとの世となりて すさのをのみことよりぞおこりける
*ひとの世となりて、すさのをのみことよりぞ、みそもじあまりひともじはよみける
*かくてぞ 花をめで [[鳥|とり]]をうらやみ [[霞|かすみ]]をあはれび [[露|つゆ]]をかなしぶ心 [[言葉|ことば]]おほく さまざまになりにける。とほき所も いでたつあしもとよりはじまりて 年月をわたり たかき[[]]も ふもとのちりひぢよりなりて あまぐもたなびくまでおひのぼれるごとくに このうたも かくのごとくなるべし
 
*なにはづのうたは みかどのおほむはじめなり
*:「なにはづのうた」は「なにはづにさくやこの花ふゆごもりいまははるべとさくやこのはな」。[[仁徳天皇]]に帰せられる。
 
*あさか山のことばは うぬめのたはぶれよりよみて このふたうたはうたの[[父|ちち]][[母|はは]]のやうにてぞ 手ならふ人の はじめにもしける
 
*いにしへより かくつたはるうちにも [[奈良|なら]]の御時よりぞ ひろまりにける
 
*かのおほむ世や うたの心をしろしめしたりけむ
*たとひ時うつり ことさり たのしび かなしびゆきかふとも このうたのもじあるをや
 
*うたのさまをもしり ことの心をえたらむ人は おほぞらの[[]]を見るがごとくに、いにしへをあふぎて、いまをこひざらめかも
 
===[[w:土佐日記|土佐日記]]===
*[[]]もすなる日記といふものを、[[]]もしてみむとてするなり。
:をとこもすといふ日記といふ物をゝむなもして心みむとてするなり -- 定家本「土左日記」
 
792

回編集