「鳥」の版間の差分

(→‎引用: 追加)
== 引用 ==
*世の中を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば --[[山上憶良]]
*行く春や 鳥啼き(なき)魚の目は泪 --[[松尾芭蕉]]
**『おくのほそ道』。「啼き」は「なき」と訓ずる。
*空の鳥を見よ。播かず、刈らず、倉に納めず。しかれども汝等の天の父はこれを養ふ。
**『新約聖書』「マタイによる福音書」6:26。ただし訳は日本聖書協会刊行[[w:文語訳聖書|文語訳聖書]]による。
 
== 諺 ==
5,744

回編集