「飛鳥井雅経」の版間の差分

編集の要約なし
== [[w:藤原雅経|藤原雅経]] (1170年 - 1221年)==
藤原雅経はふじわら の まさつね(-がけい)。日本の公家歌人。藤原頼経の子。『新古今和歌集』の選者の一人。飛鳥井雅経(あすかい まさつね)とも
 
 
*[[吉野|み吉野]]の山の秋風さ夜ふけて[[ふるさと]]寒く衣うつなり
**== 『新古今和歌集』。[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。 ==
 
* しら雲のたえまになびく青柳のかづらき山に春風ぞふく
 
* 花さそふなごりを雲に吹きとめてしばしはにほへ春の山風
 
* たへてやは思ひありともいかがせんむぐらの宿の秋の夕ぐれ
 
* [[吉野|み吉野]]の山の秋風さ夜ふけて[[ふるさと]]寒く衣うつなり
**[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
* うつりゆく雲に嵐の声すなり散るかまさきのかづらきの山
 
*草枕むすびさだめむかた知らずならはぬ野辺の夢のかよひ路
5,744

回編集