「松尾芭蕉」の版間の差分

編集の要約なし
 
==== その他 ====
 
*:== 『笈日記』より ==
*秋深き隣は何をする人ぞ
*[[菊]]の香や[[奈良]]には古き[[]]たち
*:『笈日記』より
*[[旅]]に病んで[[夢]]は枯野をかけ廻る
::[[辞世の句]]。
 
*:== 『野ざらし紀行』より ==
*[[]][[白魚]]白きこと一寸
*:『野ざらし紀行』より
*海暮れて[[]]の声ほのかに白し
*野ざらしを心に風のしむ身かな
*道のべの[[木槿]][[]]に食はれけり
*山路来て何やらゆかし[[すみれ]]
 
*:== 『笈の小文』より ==
*いらご崎似るものもなし[[]]の声。
*:『笈の小文』より
*ほろほろと[[山吹]]散るか[[]]の音
*黄奇蘇新のたぐいにあらずば云事なかれ。
 
*:== 『猿蓑』より ==
*憂き我をさびしがらせよ[[郭公|閑古鳥]]
*:『猿蓑』より
*梅[[若菜]]丸子の宿のとろろ汁
*蛸壺やはかなき夢を夏の月
*初しぐれ猿も小蓑を欲しげなり
*行く春を[[近江]]の人と惜しみける
*病雁の夜寒に落ちて旅寝かな
 
*:== 『続虚栗』より ==
*海暮れて鴨の声ほのかに白し
*花の雲鐘は[[上野]][[浅草]]
*:『野ざらし紀行』より
*旅人と我が名呼ばれん初時雨
*よく見れば薺花咲く垣根かな
 
*:== 『曠野』より ==
*[[]][[]]のしきりに恋し[[雉子]]の声
*おもしろうてやがて悲しき[[]]舟かな
 
*[[梅]]が香にのつと[[日]]の出る山路かな
*:『炭俵』より
 
*梅若菜丸子の宿のとろろ汁
*:『猿蓑』より
 
*おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな
*:『曠野』より
 
*黄奇蘇新のたぐいにあらずば云事なかれ。
 
*菊の香や[[奈良]]には古き[[仏]]たち
*:『笈日記』より
 
*古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。
*[[西行]]の和哥における 宗祇の連哥における 雪舟の繪における [[千利休|利休]]が[[茶]]における 其貫道する物は一なり
 
*塩[[]]の歯ぐきも寒し魚の店
*:『薦獅子』より
 
 
*鷹一つ見付けてうれし伊良湖崎。
 
*蛸壺やはかなき夢を夏の月
*:『猿蓑』より
 
*[[旅]]に病んで[[夢]]は枯野をかけ廻る
*:『笈日記』より
::[[辞世の句]]。
 
*旅人と我が名呼ばれん初時雨
*:『続虚栗』より
 
*父母のしきりに恋し雉子の声
*:『曠野』より
 
*奈良七重七道伽藍八重桜
*:『泊船集』より
 
*野ざらしを心に風のしむ身かな
*:『野ざらし紀行』より
 
*[[芭蕉]][[野分]]して盥に[[雨]]を聞く[[夜]]かな
*:『武蔵曲』より
 
*初しぐれ猿も小蓑を欲しげなり
*:『猿蓑』より
 
*花の雲鐘は上野か浅草か
*:『続虚栗』より
 
*病雁の夜寒に落ちて旅寝かな
*:『猿蓑』より
 
*古池や[[蛙]]飛込む水の[[音]]
*:『春の日』より
 
*ほろほろと山吹散るか滝の音
*:『笈の小文』より
 
*道のべの木槿は馬に食はれけり
*:『野ざらし紀行』より
 
*名月や池をめぐりて夜もすがら
*物いへば唇さむし秋の風
*:『芭蕉庵小文庫』より
 
*山路来て何やらゆかしすみれ草
*:『野ざらし紀行』より
 
*數ならぬ身となおもひそ玉祭り
*:『有磯海』より
 
*行く春を[[近江]]の人と惜しみける
*:『猿蓑』より
 
*予が風雅は夏炉冬扇のごとし。
*:『柴門辞』より
 
*よく見れば薺花咲く垣根かな
*:『続虚栗』より
 
===芭蕉に帰着されるもの===
 
*[[みのむし]]の音をききにこよ草の庵
 
*[[菊]]の香や[[奈良]]には古き[[佛]]たち
 
*憂きわれをさびしがらせよ[[郭公|閑古鳥]]
 
*松島や ああ松島や 松島や
792

回編集