「藤原定家」の版間の差分

+cat
(+cat)
小倉百人一首は[[Wikisource:小倉百人一首|ウィキソース]]を参照
 
*[[]]の夜の[[夢|ゆめ]]のうき橋とだえして峰にわかるる横雲のそら
 
*見渡せば花も[[紅葉|もみぢ]]もなかりけり浦のとまやの[[]]の夕暮
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の[[]]
 
*駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの[[]]の夕暮
 
*こぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くやもしほの身もこがれつつ
 
*帰るさのものとや人のながむらん待つ[[]]ながらの有明の月
 
=== 藤原定家に関する引用 ===
*定家はさうなきものなり。- [[後鳥羽天皇|後鳥羽院]]
[[category:歌人|ふ 藤原定家]]
792

回編集