「猿丸大夫」の版間の差分

(fmt)
 
== 猿丸太夫のものとされることがあるもの ==
*おく山にもみぢ紅葉ふみわけなく鹿の こゑ聞く時ぞ[[秋]]はかなしき
*:藤原定家の『小倉百人一首』にも猿丸太夫のものとして収録。『古今和歌では読み人知らず。藤原公任『三十六人撰』により猿丸太夫のものとされ「おくやまの」とする。藤原定家の『小倉百人一首』猿丸太夫のも集』では「秋山して収録する
 
 
858

回編集