「壬生忠岑」の版間の差分

編集の要約なし
 
===『古今和歌集』===
*[[有明]]のつれなく見えし別れより[[暁]]あかつきばかり憂きものはなし  
*:[[藤原定家]]の『小倉百人一首』にも収録。
 
*すみぞえ墨染きみにがたもとは[[雲]]ならや 絶えず[[涙]]の[[雨]]とのみふる
*[[春]]ぬと人は言へども鶯の かぬかぎりはあらじとぞ思ふ
 
*るるかとみればけぬる夏の夜を かずとやく山[[時鳥]]郭公
 
*山田る[[秋]]の仮庵かりほく露は 稲負鳥(いなおほせの涙なりけり
 
*千鳥鳴く佐保の川霧 ちぬらし 山の木の葉も色さりゆく -- 巻七賀歌 作者名不明とある。
*:『忠岑集』には上記のとおり収録。拾遺集には「色かはりゆく」で忠岑作とする。
 
{{wikipedia|壬生忠岑}}
858

回編集