「小林一茶」の版間の差分

== [[w:小林一茶|小林一茶]] (1763年 - 8281827年)==
小林 一茶(こばやし いっさ)は、江戸時代の俳人。
 
*[[梅]]が香やどなたが来ても欠茶碗
 
*名[[月]]を取ってくれろと泣く子かな
 
=== 『七番日記』 ===
*有明や浅間の霧が膳を這ふ
*これがまあつひのすみかか[[雪]]五尺
*涼風の曲がりくねつて来たりけり
*春雨や食はれ残りの鴨が鳴く
*故郷やよるもさはるも茨の花
*亡き母や海見るたびに見るたびに
*やせ[[蛙]]負けるな一茶 是にあり
*悠然として山を見る蛙かな
*雪とけて村いっぱいの子供かな
 
=== 『八番日記』 ===
*鳴く[[猫]]に赤ん目をして手毬かな
*やれ打つな蠅が手をすり足をする
 
=== 『おらが春』 ===
*露の世は露の世ながらさりながら
*ともかくもあなたまかせの年の暮
*蚤のあと数へながら添乳かな
*這へ笑へ二つになるぞけさからは
*故郷は蠅まで人を刺しにけり
*めでたさも中くらいなりおらが[[春]]
*[[雀]]の子そこのけそこのけお馬が通る
*我と来て遊べや[[親]]のない雀
 
*[[雀]]の子そこのけそこのけお馬が通る
 
=== その他 ===
*我と来て遊べや[[親]]のない雀
*[[梅]]が香やどなたが来ても欠茶碗
 
*名[[月]]を取ってくれろと泣く子かな
*やせ[[蛙]]負けるな一茶 是にあり
 
[[Category:歌人|こ 小林一茶]]