「鳥」の版間の差分

サイズ変更なし 、 17 年前
*行く春や鳥啼き魚の目は泪 --[[松尾芭蕉]]
**『おくのほそ道』。「啼き」は「なき」と訓ずる。
*空の鳥を見よ。播かず、刈らず、倉に納めず。しかれども然るに汝等の天の父はこれを養ひ給ふ。
**『新約聖書』「マタイによる福音書」6:26。ただし訳は日本聖書協会刊行[[w:文語訳聖書|文語訳聖書]]による。
 
5,744

回編集