「月」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎引用: typo)
*:『新古今和歌集』
 
* あら楽や思いははるる身は捨つる浮世の月にかかる[[雲]]なし - [[大石内蔵助|大石藏之助]]
*:[[辞世の句]]
 
*ひとりぬる山鳥のをのしだりをに霜おきまよふ床の月影 -[[藤原定家]]
 
*[[清水]]へ[[祇園]]をよぎる[[桜]]月[[夜]]こよひ逢ふひとみなうつくしき-[[与謝野晶子|與謝野晶子]]
 
===[[w:百人一首|小倉百人一首]]===
*夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを[[雲]]のいづこに月やどるらむ --[[清原深養父]]
*めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな --[[紫式部]]
*やすらはで寝なましものをさ夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな --[[赤染衛門|赤染衞門]]
*心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな --三条院
*[[秋]]風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ --左京大夫顕輔
858

回編集