「酒」の版間の差分

→‎引用句: 時代別に並べ替え
(→‎引用句: 時代別に並べ替え)
[[w:酒|酒]]に関する引用句、諺。
== 引用 ==
*[[ワイン|葡萄美酒]][[夜]][[光]]杯<BR>欲飮[[琵琶]]馬上催<BR>醉臥沙場君莫笑<BR>古來征戰幾人囘 --[[王翰]]涼州詞』
*老をだに養はゞ。まして盛の人の身に。薬とならばいつまでも。御寿命も尽きまじき。泉ぞめでたかりける。実にや玉水の。水上すめる御代ぞとて流の末の我らまで。豊にすめる。嬉しさよ。--[[世阿弥]]『養老』地歌
 
*実にも薬と思ふより。老の姿も若水と見るこそ嬉しかりけり。--世阿弥『養老』地歌
 
*[[神]]は水だけを造った。しかし人はワインを作った。--[[ヴィクトル・ユゴー]]
<!-- 英語版から-->
 
*琴詩酒の友は皆我を抛つ [[雪月花]]の時最も君を憶ふ --[[白居易]]「寄殷律協」
*:琴詩酒友皆抛我<br/>雪月花時最憶君
 
*林間に酒を煖めて[[紅葉]]を焼く 石上に詩を題して緑苔を掃ふ--白居易
*:林間煖酒焼紅葉<br/>石上題詩掃緑苔
 
*[[友]]とするに悪きもの七つあり。一には高くやんごとなき人、二には若き人、三には病なく身つよき人、四には酒をこのむ人、五には武く勇める人、六にはそらごとする人、七には慾ふかき人。善き友三つあり。一にはものくるる友、二には医師、三には智惠ある友。-- [[吉田兼好]]『徒然草』百七十七段
 
*老をだに養はゞ。まして盛の人の身に。薬とならばいつまでも。御寿命も尽きまじき。泉ぞめでたかりける。実にや玉水の。水上すめる御代ぞとて流の末の我らまで。豊にすめる。嬉しさよ。--[[世阿弥]]『養老』地歌
* [[宗教]]はある種の精神的な安酒だ。その中で[[資本主義|資本]]の奴隷は自分の人間的尊厳と欲求を、なんとか人間らしいものになることで忘れる。- [[ウラジミール・レーニン]]
 
*実にも薬と思ふより。老の姿も若水と見るこそ嬉しかりけり。--世阿弥『養老』地歌
*[[ワイン|葡萄美酒]][[夜]][[光]]杯<BR>欲飮[[琵琶]]馬上催<BR>醉臥沙場君莫笑<BR>古來征戰幾人囘-[[王翰]]
*:『涼州詞』
 
* 食欲は食べていると起こり、乾きは酒を飲んでいると起こる。-[[フランソワ・ラブレー]]
*: L'appétit vient en mangeant, la soif s'en va en buvant.
::『ガルガンチュワ物語』
 
*[[神]]は水だけを造った。しかし人はワインを作った。--[[ヴィクトル・ユゴー]]
<!-- 英語版から-->
 
*ウィスキーは飲み物で、[[水]]は戦うものである。--[[マーク・トウェイン]]
 
* [[宗教]]はある種の精神的な安酒だ。その中で[[資本主義|資本]]の奴隷は自分の人間的尊厳と欲求を、なんとか人間らしいものになることで忘れる。- [[ウラジミール・レーニン]]
 
== 諺 ==
5,744

回編集