「太宰治」の版間の差分

(+Cat日本人)
*[[子|子供]]より[[親]]が大事と思いたい--『櫻桃』
 
*[[富士]]には月見草がよく似合う ----『富嶽百景』
 
*メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。--『走れメロス』
 
*「セリヌンティウス」メロスは眼に涙を浮べて言った。「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ。私は、途中で一度、悪い夢を見た。君が若(も)し私を殴ってくれなかったら、私は君と抱擁する資格さえ無いのだ。殴れ。」
:セリヌンティウスは、すべてを察した様子で首肯(うなず)き、刑場一ぱいに鳴り響くほど音高くメロスの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑(ほほえ)み、
:「メロス、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。」--『走れメロス』
 
*信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。--『走れメロス』
 
*朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、 「あ。」 と幽かな
叫び声をお挙げになった。--『斜陽』
 
*爵位があるから、[[貴族]]だというわけにはいかないんだぜ。爵位が無くても、天爵というものを持っている立派な貴族のひともあるし、おれたちのように爵位だけは持っていても、貴族どころか、賤民にちかいのもいる。--『斜陽』
5,744

回編集