「船」の版間の差分

編集の要約なし
*おもしろうてやがて悲しき[[鵜]]舟かな -[[松尾芭蕉]]『曠野』
 
*細草微風の岸 危檣独夜の[[]]<br>[[星]]垂れて平野闊く [[月]]湧きて[[川|大江]]流る --[[杜甫]]『旅夜に懐を書す』
*:細草微風岸 危檣独夜舟<br>星垂平野闊 月湧大江流 『旅夜書懐』
 
5,744

回編集