「鉄道」の版間の差分

(+1  大和田建樹『地理教育鉄道唱歌』 1957~1910)
== 引用 ==
*汽笛一声 新橋を<br>はや我汽車は 離れたり<br>愛宕の山に 入り残る<br>月を[[旅|旅路]]の 友として -- [[大和田建樹]]『地理教育鉄道唱歌』
 
*[[フランス|ふらんす]]へ行きたしと思へども<BR>ふらんすはあまりに遠し<BR>せめては新しき背広をきて<BR>きままなる[[旅]]にいでてみん。<BR>汽車が山道をゆくときみづいろの窓によりかかりて<BR>われひとりうれしきことをおもはむ<BR>[[五月]]の朝のしののめ<BR>うら若葉のもえいづる心まかせに。
*:[[萩原朔太郎]]『純情小曲集』「旅上」
 
* 鉄道法では[[猿]]は乗せられない規則だ。 -- [[原敬]]
5,744

回編集