「森鷗外」の版間の差分

編集の要約なし
(+Cat日本人)
*:『知慧袋』
 
*余ハ[[少年]]ノ時ヨリ[[老]]死ニ至ルマデ一切秘密ク交際シタル[[友]]ハ賀古鶴居ナリコヽニ[[死]]ニ臥シテ賀古君ノ一筆ヲ煩ハス死ハ一切ヲ打チ切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事ヲ得スト信ス'''余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス 宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ルヽ瞬間アラユル外形的取扱ヒヲ辞ス 森林太郎トシテ[[]]セントス 墓ハ森林太郎墓ノ外一字モホル可ラス'''書ハ中村不折ニ依託シ宮内省陸軍ノ榮典ハ絶対ニ取リヤメヲ請フ手続ハソレゾレアルベシコレ唯一ノ友人ニ云ヒ残スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許サ
*:『遺言』より。鴎外が口述し、同郷の友人、賀古鶴所が筆写した。